外構工事名人【プロのワザで素敵な住まい】

作業員

外壁塗装で劣化を防ぐ

マイホームの劣化を防ぐ

塗装

外壁塗装は住宅の印象を変えるのはもちろんですが、本来の目的は、外壁の経年劣化を防ぐためにコーティングをすることです。
塗装が剥がれていると、そこから雨水が壁の中に染みこんで腐食が進んでしまうケースもあります。そうなると、腐食した壁を修繕するのに費用も高額になり、修繕期間も長くかかってきてしまいます。
劣化を防ぐためには定期的な塗り替えが必要不可欠なのです。

気候特性に合わせる

また外壁塗装の素材も様々なものがあり、その土地の気候特性にあった塗装をすることもおすすめです。
例えば、盆地や平野など地域によって地形も大きく異なる三重県では、その土地土地にあった塗装を推奨してくれる業者もあります。
特に盆地では、夏は暑苦しく冬は寒さが厳しいため、外壁塗装を工夫することで室内環境を快適に保つこともできます。
おすすめは遮熱塗料を活用することです。遮熱塗料は、室温を上昇させる原因となる近赤外線を反射する作用があります。外壁や屋根に遮熱塗料を塗っておくことで、夏場の室温上昇を大幅に抑えることが可能となるのです。
遮熱塗料を活用することで、夏場のエアコン代も大幅に節約することができるでしょう。エアコンの利用頻度が減ることでエコにも繋がる良い塗料です。
三重の盆地で外壁塗装をお考えなら、遮熱塗料を検討してみてはいかがでしょうか。